ママはアナウンサー

ママアナウンサー高橋早紀のブログです。育児日記中心に。

ダメなママで泣いた夜

6ヶ月の弟を寝かしつけていた時、

6歳のお兄ちゃんが

寝室にこっそり手紙を持ってきました。

 

 

f:id:sackey_tk:20190613064538j:image

 

『ままへ

いつもおしごとして

おもちゃをかってくれてありがとう

きょう やくそくしてた

おりがみわ しなくていいよ。』

 

 

泣きました。

 

ダメなママだなぁって。

 

 

なんでこんなに、子供に気を遣わせてるんだろうって。

 

 

寝る前のたった30分くらい

一緒に折り紙するだけなのに。

 

 

一緒に遊ぶ余裕ないくらい

イライラしてたんだなぁ。

 

それを子供にぶつけてしまってたんだなぁ。

 

 

お兄ちゃんを抱き締めて、いっぱい泣いて

一緒に折り紙と塗り絵をして遊んでから寝ました。

 

 

心が疲れている時は、睡眠が大事!

こんな時は、

やること後回しにしても

睡眠時間優先します。

 

そうじゃないと

また、イライラして

他にもきっと大事なこと見逃しちゃうから。

 

 

 

 

自己肯定感が限りなく下がってるママは

寝る前にお兄ちゃんに聞いてみました。

 

「ママのこと好き?」

「好きだよー」

「ママの好きなところ、3つ教えて?」

「えっとねー、

声!

優しいところ!

絵本読んでくれるところ!」

 

「もう一つは?」

とママは聞きました。

 

「もうひとつ?

いっしょにあそんでくれるところー?」

 

 

 

以前、こんなことを聞いたことがあります。

「結婚相手に求める条件3つあげて」

って聞いて、

3つあげてもらったところで

「あえて、もう1つ挙げるなら?」と

追加で質問します。

 

この4つめ。

深層心理で、実は一番大事にしてるところなんだとか。

 

 

それが今回も当てはまるのなら

「ママと一緒に遊ぶ」

ただそれだけの時間が、今のお兄ちゃんには必要なのかな。

おもちゃを買ってくれるより

どこかに連れて行ってくれるより

ただ、ママと一緒に遊びたい。

 

それが本音なんだろうなー。

 

 

6歳にもなったし

工作したり本を読んだり

割と一人で遊ぶ時間が増えたから

そういうものなんだと思っていたけど、

まだまだ「ママといっしょに遊びたい」んだよね。

 

 子供はいつか離れていく。

ママべったりな時間は本当にあっという間。

 

先輩ママからよく聞く話が

昨日はさらに心にしみました。

 

 

いっぱい泣いたし

いっぱい寝たから

今日からまた頑張ろう!

 

大切な子供たちのことも、

大好きな仕事のことも、

私は大丈夫!

全部、欲張れるよ!!

 

 

 

追記。

早く寝た分、早起きをして仕事をしていたら

こんな時に限って、次男坊が起きてきたよ。

あれ、ママの一人時間はどこへ?

甘えん坊の愛おしい愛おしい我が子たちです。笑